So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

充電中

現在充電中、近日再開予定です。
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

The great gong kebyar of the 1960s. [ガムラン]

春も目前だし、久々にガムラン、である。

 
先日、「最近あまりガムラン聴いて無いな・・・そうだ、あれ、久しぶりに聴いてみるか」と、深く考えずにこの作品に手を伸ばしたのだが、改めてその素晴らしさを確認した。


Les Grands Gong Kebyar Des Annees Soixante
 
Les Grands Gong Kebyar Des Annees Soixante.jpg

この作品、ラジオ・フランスの名門レーベル、ocoraから発表されたGong Kebyarの名楽団、4組の演奏をオムニバス収録したCD2枚組。録音は1969年、1970年、1971年にかけて行われたらしい。もしかしたら以前はレコードで発売されていたのかもと思い、ちょっと調べたのだが1994年にCDでリリースされた以前の記録は見つけられなかった。

俺自身は発表間もない頃に予備知識もなく偶然新宿のVirgin Mega Storeで発見、大興奮しながら商品を手に取るも値段を見るなり予想をはるかに上回る高額(確か¥7,000超)に毒気を抜かれ、一旦は棚に戻して店を出た。が、「今日、ここで買わなければ次の出会いは無いかもしれない」と思いあぐねて新宿駅から引き返し、意を決して購入した思い入れの深い(笑)作品である。

収録されている4楽団は、硬質な印象のSawanの楽団、Anack Agung Gede Mandera率いるGunung Sari、重厚な印象のPindaの楽団、素晴らしくバランスのとれたTampaksiringの楽団。

せっかくだから簡単に個別の楽団の演奏について触れてみよう。

Sawanの楽団の演奏は3曲、全て舞踊の伴奏曲であるが、一曲目のTaruna Jaya、これが白眉だ。勿論この曲は、Gong Kebyarの巨匠、Gede Manikの手によるもので、創作されたのが半世紀以上、いや、一世紀近くも前である、という事実に改めて驚きを禁じ得ない。現在、バリ島各地で開催されている観光客向け公演で上演されることの多いこの演目は、通常12分程が一般的であるが、この時点での録音では16分超もある。この曲の冒頭部分はノンリズムの交響楽風の豪奢な演奏が長時間続き、プロローグ的な役割をも果たしているのだが、この部分が非常に長く、かつ現在では聞かれないアレンジである。勿論、舞踊家が登場してからの尺も長く、次から次へと様々な表情を見せては変容していく様は圧巻。ある意味、過度に情緒的にならずにぐいぐいと突き進んでいくその様はGong Kebyar発祥の地、Buleleng地方の楽団の面目躍如と言ったところか。
 
さて、Gunung SariについてはOleg Tamulilingan、Legong Keraton、Kapi Rajaが収録されている。実に的確な選曲。唯一、Legong Lasemが短縮版なのは残念だが、特筆すべきは現在においてもGunung Sariの最重要レパートリーとも言えるOleg Tamulilinganだ。この演奏におけるスリン奏者のフレージングの創造力、自由度は圧巻。ツボを外すことなく素晴らしい集中力で縦横無尽に吹きまくる。圧倒的に豊かな表現。この演奏はおそらく、いや、絶対にスリンの達人、Gusti Putu Okaさんだ。個人的にはこの一曲だけのためにこの作品を買って良かった、と思えたほど素晴らしい。

CD2の冒頭、Pindaのグループが演奏するのは、27分、16分の長尺のルランバタンの2曲。2曲目のSemarandanaという曲においては主旋律はUgalが担当しているが、Lelambatan形式の曲のはずだ。威厳を感じさせる堂々とした演奏は格調をを感じさせ、実に素晴らしい。いずれにせよ、Pindaの楽団の演奏がこの位置に配列されていることによって、この作品の「流れ」とでも言えるものが出来上がっている。

最後に控えしTampaksiringの楽団の一曲目は近代Gong Kebyarの傑作、Gede Manikの手による名曲Manuk Anguciだ。耳を奪われる印象的な曲展開、様々な演奏技法の提示。10分を超える曲中にこれでもかと投入されているGong Kebyarのエッセンス。この曲が現代のKreasi Baruのお手本の一つになったことは容易に察知できる。続く最終曲はWayan Lotringの手によるPelayon、これは曲としてはいわゆるKebyar Dudukなのだが、実に流麗な旋律、そして魅力的な演奏だ。


以上、合計10曲にして2時間超。実に充実した内容。1920年代終盤に生まれたGong Kebyarという近代ガムランの音楽文化が、上り調子でぐいぐいと突き進んでいた黄金期の局面を切り取った名盤、と言って差し支えないと思う。
音質面については50年も前の現地録音なので、超良好というわけにはいかないが十分許容範囲。ブックレットも実に充実していて資料的価値も高いし、ガムラン愛好者には是非購入をお勧めする、と、ここでAmazonを調べてみたら・・・おいおいおいおい、中古盤が¥26,000かよ!う〜ん・・・ま、とにかくショップで万が一売れ残っているこいつを見かけたら、迷うことなく連れ帰って欲しい。バリの現在の芸能文化に繋がる貴重な記録であると同時に、録音から半世紀が経過しようというのに十分楽める芸術作品だ。

あ、ちなみにジャケットの写真はLegong Lasemを踊る若き日のIbu SriとIbu Nyomanだと思われる。当然、この頃はTirta Sari結成前なのでGunung Sariでの撮影だろう。

 
********************

 
それにしてもだよ。Radio Franceが少なくとも3年にわたる取材でたったこれだけの録音しかしていないとは到底考えられないのだよなぁ。おそらく、各楽団で1作品作れるだけの録音はしているはずだ。勿論、商業作品として成立させるためにはこのくらいのボリュームでこの選曲が最適、と判断したからこそこういう売り方になったんだろうが、こういった歴史的に価値のある録音はなんらかの形で世の中に出して欲しい。おそらく、俺と同じように感じている人も多いと思う。

勿論、素晴らしい音楽作品は充実した解説付き、美しいデザインのジャケット付きで「モノ」として所有はしたいよ。でも「商品」として流通させるにはコストの面で見合わないのなら、「作品」という体裁ではなくとも良いから「記録」として最低限の文字情報と共にダウンロード販売でもしてもらえないだろうか?

でも、もしそれが実現した結果、とんでもない量の録音が巷に氾濫、文化的な希少価値が薄れ、製品化されたものの売り上げにすら影響することも考えられないでもないけど・・・



だめか・・・やっぱ、だめなんだろうな・・・

 
 
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Bohemian Rhapsody : Original Motion Picture Soundtrack / Queen [HM/HR]

先日公開され、各所で話題になっている映画、Bohemian Rhapsodyを観た。とは言っても、実は試写会で公開より2週間以上も前に観ていたのだが。
 

以降はネタバレを含むので、映画を観に行こうと思いながらもまだ観られていない人は注意。


********************
 

今更断るまでもなく、この映画はQueenのボーカリストにして不世出のカリスマ、Freddie Mercuryの半生を描いたものだ。物語はあくまでもFreddieを中心に進行するので、他のメンバーの個人的なエピソードは皆無に等しい。
とはいえ、Queenがどのように誕生し、どのように成長し、どのようにメンバー間に軋轢が生じ、どのように復活を遂げたのか、そしてその裏にはどのような背景があったのか等が鮮やかに描かれており、全てのQueenファンが満足できる内容になっている。QueenのメンバーであるBrian MayとRoger Taylorが全面的に監修しているようなので、エピソードは限りなく真実に近いのでであろう。(後日記:と思っていたのであるが、検証してみたところ、主に時系列の歪曲による若干の虚飾があることが判明。ストーリーをドラマチックに仕立て上げるための作為であることは想像に難くない)

また、メンバー役の役者もなかなか似ており、特にBrian May、髪を切ってからのJohn Deacon役の役者は本人かと見まごうばかりだ。Freddie役の役者も若干線が細めながらも、ステージシーンでの身のこなし方等、実に堂々と演じ切っている。圧巻。
 

そして忘れてはならないこの映画の大きな魅力、それは劇中に散りばめられたQueenの名曲の数々、これをコンサートさながら、即ち自宅では到底不可能な大音量で聴ける、ということだ。
 

実際に演奏シーンも随所にあり、これには当然Queenの音源を使用している。つまり、役者は「あてぶり」をしていることになるわけだが、各メンバー役の役者は楽器演奏の指導を受け、音こそ収録されていないものの実際に演奏しているのだという。勿論、Freddie役は実際に歌っているそうだ。
特にBrian May役の役者はBrian直々に特訓を受けたらしい。俺もQueenの曲は何曲かギターでコピーしたことがあり、演奏シーンにおいて「本当に弾いているのか?」と、猜疑心を抱きながら役者の指先を注視したのだが、彼の左手は俺がコピーしたのと同じフレット上にあるのを確認した。と、言うことは俺のコピーも正しかったわけだ(笑)。

そういった演技の枠を超えた役者の努力が結実し、演奏シーンにおいても不自然さが一切ない。これにより映画の世界に自然と入っていける。これは素晴らしいとしか言いようが無い。


ただ、残念なことに全ての曲が最初から最後までのフルバージョンで聴けるわけではない。だいたいそんなことしたら物語が全然展開しない(笑)。多くの曲はエピソードの一部として、またはエピソードを飾るバックミュージックとして扱われているので、不自然な編集が施されている曲がほとんどだ。「あの曲、最後まで聴きたかったのに〜」と、思うこともあるだろう。


そういう不満を払拭するためには、この映画のサントラ盤を聴くしかない、かもなぁ。
 


Bohemian Rhapsody : Original Motion Picture Soundtrack / Queen


Bohemian Rhapsody_ Original Motion Picture Soundtrack.jpg



今回、映画としてのBohemian Rhapsody、そしてこのアルバムを編集・制作するにあたって、ほとんどの曲でリマスタリングを施している、と思われる。もちろん途中でカットするような事はなく、全曲最後まで収録されている。

出来ることなら全ての曲について熱い想いをぶつけたいところだが、このアルバム、CD媒体の限界である80分近く、22曲も収録しているので、そんなことしてたら全ての気力・体力を使い果たしてしまう。と、いうわけで、俺的な聞きどころを何曲か挙げてみたいと思う。勿論、これらにも映画のネタバレが含まれている。
 
********************

1曲目の20th Century Fox Fanfareは、言うまでもなくこの映画の配給会社、20世紀フォックスのロゴとともに流れるあのおなじみのファンファーレであるが、これがBrian Mayのギターオーケストレーションによって演奏されている。当然、新録。もちろん実際の映画でも使用されている。実に華やかなオープニング。

Queenのデビューアルバムに収録されていたDoing All Rightは、Brian MayとRoger Taylorが在籍していたQueenの前身であるバンド、Smile名義になっている。この楽曲は、Smile唯一の商業作品、シングル盤として発表されたものだ(注:後にこのシングル盤に加え、未発表テイクを集めたものがQueen名義で出回ったことがある)。今回、映画のために当時のボーカリストを引っ張り出して来て再レコーディングしたものらしいのだが、これが意外にもイけてる。改めてSmileのオリジナルバージョンを聴いてみると、すでにこの時点でQueenの魅力の一つである重厚なコーラスワークが確立していたことがわかる。当然、劇中にもSmileの演奏シーンがある。

We Will Rock You (Movie Mix)は、スタジオ録音から始まって、途中でライブ録音に切り替わっている。劇中でもそのような使われ方をしていた(ような覚えがある)。

Don’t Stop Me Nowには大胆な手が加えられている。本来、この曲のギターの出番はソロだけであったのだが、今回サイドギターが全編にわたって追加された。また、ソロも微妙にフレーズが異なる部分が聞いて取れたので、これも再録したのだろう。もともと躍動感溢れる表現が大好きな曲だったのだが、新たな魅力を獲得した。

さて、アルバム終盤にまとまって配置されているLive Aidでの演奏、これがクライマックスだ。映像作品としてはLive Aidのみならず、Queen名義の作品でも流用されているようだが、CDに収録されるのは今回が初めてとのこと。歴史的な名ステージだったのに、収録されているのは劇中で再現された4曲のみなのが残念。どうせならこの機会に他の曲を削ってでも30分弱のステージの模様を全て収録して欲しかったが、特筆すべきはFreddieが曲間で観客を煽る模様が別トラック化され、Ay-Ohという名前で収録されていることだ。75,000人の大観衆とFreddieの掛け合いは素晴らしい一体感。命の輝きを感じ、熱いものが込み上げてくる瞬間だ。
 

********************
 

前述の通り、映画の中では収録されている曲の全てが最初から最後まで使用されているわけではない。好きな曲なのに途中でカットアウトされてフラストレーションを感じた人はこのアルバムを聴いて溜飲を下げることが出来るだろうし、主要曲は網羅されているのでベスト盤的に聴くことも可能だ。

と、言うわけで、熱心なQueenのファン、映画を観てQueenに興味を持った人限定で推奨します。


Anyway、まずは映画、Bohemian Rhapsodyを劇場で観よう。話はそれからだ。そうだろ、Freddie?




ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Einfluss / Hans-Joachim Roedelius & Arnold Kasar [Ambient/New Age/Experimental]

この作品を紹介できることに喜びを感じている。


この作品はHans-Joachim RoedeliusとArnold Kasarの共同名義で発表されている。が、残念ながら俺はArnold Kasarなる人物のことはよく知らない、というより、この作品で初めて知った。他方、Hans-Joachim Roedeliusといえば、クラウト・ロックの有名バンド・・・う〜ん、この表現は軽すぎるな。あえて言うなら、ドイツのロック黎明期、1960年代後半に実験的な電子音楽を実践し、後にBrian Enoにも多大なる影響を与えた前衛音楽集団、Clusterの中心メンバーである。1977年にはBrian Enoと共同名義で2作品を発表している。つまり、Enoが一連のアンビエント作品を手がける直前に、である。

 
Einfluss / Hans-Joachim Roedelius & Arnold Kasar

Einfluss.jpg


この作品、ピアノと電子楽器(おそらくシンセサイザー)そして様々なエフェクト、効果音で構成されている。

オフィシャルビデオを観た限りでは、ピアノの弦を直接弾くなどの特殊奏法も行なっており、アルバム中に何度か「ピアノから発せられていると思しきピアノらしからぬ音」が聴かれる。基本的にはピアノが骨格を形成している演奏に電子楽器により曲の補強が行われているが、耳をそばだてれば、明らかに電子音響ではない不可解な音やノイズも聴いて取れる。数曲収録されているArnold Kasarのみがクレジットされている曲はピアノのみで演奏されているところから察するに、おそらくこれらの不可解な音やノイズはRoedeliusの手によるものだと推測される。と、言うより、彼が実験音楽集団、Clusterの重要人物であることを鑑みれば当然、と思ったのだが、オフィシャルビデオに登場するPCを操作する手、及びピアノの弦を直接弾く手はArnold Kasarのように見える。う〜ん、どう切り分けたのだろう?
 
 

 
 

基本的に楽曲の主導権を握るピアノは外連味なく演奏されている、と言いたいところだが、Arnold Kasarのみがクレジットされている曲において若干の感情の昂りを感じさせる局面が聴いて取れる。おそらく鍵盤奏者としての表現欲を抑えきれなかったのであろう。が、それらは絶妙にコントロールされており、この作品を横溢する「静謐」な印象を覆すほどのものではない。

クラシック音楽の名門レーベル、ドイツ・グラモフォン(!)からリリースされていることからも容易に察知可能であるが、いわゆるポスト・クラシカル、またはネオ・クラシカルに分類されるべきなのであろうが、アンビエント音楽として聴いても実に有用。事実として、この作品に出会ってからというものの、我が家ではAMBIENT 2 : The Plateaux of Mirrorの出番が無くなってしまった(笑)。勿論、The Plateaux of Mirrorがアンビエント音楽の金字塔にしてピアノ主導型アンビエント作品の頂点であるという俺的絶対評価は変わらないのだが、The Plateaux of Mirrorはそれこそ耳にタコが出来るほど聴いたので、似たような雰囲気ながらもかすかな毒気と茶目っ気を感じられるこの作品についつい手が伸びてしまうのだ。おそらく制作途中でRoedelius本人も「なんだかThe Plateaux of Mirrorに似てきちゃったなぁ」と、感じていたのではあるまいか。
 
 
内容の素晴らしさは勿論のこと、その来歴からもBudd / Enoの流れを組む正統派のアンビエント作品として評価されるに十分であることは間違いない。あまりにも遅れてやって来た非テクノ型アンビエント作品の傑作。ちなみに収録時間も1時間17分とたっぷり。久しぶりに責任推奨。

この作品の発表は2017年、Roedeliusは現在84歳と高齢なようだ。旺盛な創作意欲、そして音楽による実験を追求し続ける様には驚きを禁じ得ない。少しでも興味があるなら迷う必要はない。出来るだけ早く聴くべきだ。



Einfluss

Einfluss

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Deutsche Grammophon
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: CD




コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Black Heaven / Earthless [HM/HR]

60年代終盤から70年代初頭にかけて音楽の世界においてもサイケデリック・ムーブメントなる動向が盛り上がった時期があった。曲は動機から展開において一定の規則性を保っている場合が多いが、ソロになると往々にして冗長な表現に突入することも多く見受けられ、シラフで聴くと、結構「キツい」局面にぶつかることもしばしばだった。

ま、その手の音楽を聴く場合、聴衆は薬物やら何やらで酩酊状態にあることを演奏者側が了承しており、そういった状況下においてはほとんどの者の時間感覚が麻痺しており、また「音」そのものを楽しむことことが出来たようなので、その時代のその手の音楽作品、ましてや実況録音盤(ライブ盤)を現在の価値基準で判断することは、下戸が酒の旨さを語るに等しいような野暮なことである、と思う。
 
 
それにしても、だよ。あれから半世紀が経とうとしているのに、こいつらはなんて時代錯誤なカッコいいことやってんだ。
 
 
Black Heaven / Earthless

Black Heaven.jpg

 
このトリオ編成のバンド、カリフォルニア出身で現在絶賛活動中(笑)らしいのだが、いったい今の今までどこでどうやって活動してきたんだってツッコミ入れたくなるくらいこの世知辛い世の中でおおらかなサイケデリアを体現している。ギターのリフ、和音の重ね方、ワウに代表されるエフェクターの使い方、ハードドライヴィンなリズム、どの局面においても70年代のベルボトムな匂いがプンプンする。







音圧で聴かせるタイプの楽曲。ギターの音は相当歪んでいる。が、これはHeavy Metalではない。Hard Rockにより近いが、いわゆるArt Rock、そう、サイケとプログレが未分化のまま渾然一体となっていた、あのころの音である。と、言うより、あの頃の混沌とした雰囲気を狙っていることは明らかである。

アルバムに収録されている6曲の全てが70年代初頭に最適化されているが、特に9分近いアルバムの表題曲は圧巻である。ボーカルパートは一切無い。ほとんど重厚なリフとギターソロのみで構成されている。強烈にグルーヴしまくるバックに背中を押されたギターは勇猛果敢に突進する。勿論冗長ではあるが、嫌味にならない程度の表現欲と、70年代を彷彿させるピッキングのニュアンス(これは重要なポイントだ!)、そしてツボを的確にとらえたフレージングで一気に聴かせる。はっきり言って、ずるい程にカッコいい(笑)。
 
 
実は、個人的にこのバンドの音にCaptain Beyondに似た雰囲気を感じている。勿論、70年代初頭のバンドであったCaptain Beyondよりは音はHeavyであるが、ボーカルの声質、ギターの重ね方、そしてなによりも突破力のあるリズム隊がCaptain Beyondを想起させるのである。ただ、Captain Beyondは変拍子やテンポチェンジを多用し、プログレに発展していく意欲が聴いて取れたが、Earthlessにはそういった要素を感じることはほとんど無い。このアルバム中、2曲において冒頭部分で聴き手を煙に巻く曖昧な音響を聴かせているが、それは曲構成や音響設計が精緻に計算されたプログレというより、サイケデリックな成り行き任せのジャムセッションの結果生まれた偶然の賜物という捉えられ方を想定して収録されている。が、これは勿論計算づくのことであることは明らかである(笑)。

この作品、ちょっと迷ったのだが、数回聞いても飽きないので(笑)限定的に強力推奨。もしかしたら、べたーっと歪んだ音の壁はシューゲイザーが好きな人にもアピールするかも。
 
 

BLACK HEAVEN

BLACK HEAVEN

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: NUCLE
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: CD





コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -